COPYRIGHT © SONICJAM ALL RIGHTS RESERVED.

HINKA RINKA 店舗アイコンインスタレーション

EVENT /
MAR. 2016
WORK 0094
ENGINEERING

「品格と凛」を体現する彫像と光の演出

2016年3月31日にオープンした東急プラザ銀座。
その中で「女性の品格と凛」をテーマに東急百貨店が仕掛ける新業態のセレクトショップ「HINKA RINKA」にて、店内に設置するインスタレーションの制作に参加しました。

3フロアあるHINKA RINKA内に一体づつ「サモトラケのニケ」の女神像をモチーフにした彫像を配置。それぞれのフロアのテーマ「高揚感・発見・刺激」「憧れ・ときめき・特別感」「共感・自然体・くつろぎ」に即した光と映像の演出を施しました。
アートディレクターの浅田真理さんの企画/演出を実現するべく、弊社スタッフは主にテクニカルディレクションおよびシステム開発を担当しています。

Dramatization of Sculptures and Light to Embody the “Class and Dignity”

On March 31, 2016, TOKYU PLAZA GINZA had its grand opening.
We took part in the production of in-store installations for “HINKA RINKA”, a new-type concept store of Tokyu Department Store with the theme of the “Class and Dignity of Women”.

We placed a sculpture based on the “Winged Victory of Samothrace” on each of the three floors of HINKA RINKA. And installed the dramatization of light and video to embody the theme of each floor – “Elation, Discovery and Stimulation”, “Aspiration, Throbbing, and Specialness”, and “Empathy, Unpretentious-ness, and Relaxation”.
Our staff mainly worked on the technical direction and the system development to contribute to the actualization of the concept/direction by the art director, Mari Asada.

コラボレーションを促進するエンジニアリング

CGアーティスト、3D造形、プロジェクションマッピング、ミラーボールなど、異なるバックグラウンドをもつ複数のアーティストやエンジニアと共同制作を行うにあたり、綿密なテクニカルディレクションを行いました。 例えば、光とLEDによる演出を施しているエリアでは、3次元的に配置されたLEDデバイスを制御するにあたってコンテンツ制作用のシミュレーターを事前に制作しました。このやり方によって、デバイスとコンテンツが密接に関連し合う表現を行う際に、コンテンツ制作を担当するクリエイターとデバイス開発を行うエンジニアが並行して作業を進めることを可能にしました。

The Engineering Works to Promote the Collaboration

For the collaborative work with multiple artists and engineers with different expertise, including CG arts, 3D sculptures, projection mapping, and mirror balls, we decided to pay closer attention to details in our technical direction. For example, in the area with the dramatized use of light and LED, we created the content production simulator ahead of time to best manage the three-dimensionally installed LED devices. This approach enabled the creators who were responsible for the content creations and engineers who developed the device to work parallelly when they worked on the creative expression in which the device and the creative influenced each other to a great extent.

STAFF LIST

  • PRODUCE DIV.

    • CREATIVE DIV.

      • DEVELOP DIV.

        • SHARE
          • facebook
          • twitter
          • Tumblr
          • Google
        COPYRIGHT © SONICJAM ALL RIGHTS RESERVED.